BMW S1000RR (2016)

 

  • BMW S1000RR セレブレーション・エディション
  • 最高出力: 146kW[199PS]/13,500rpm
  • 最大トルク: 113Nm[11.5kgf·m]/10,500rpm
  • 乾燥重量: 175.5kg
  • 車両重量: 204kg
  • S1000RRの二代目にあたるモデル。HP4で先行投入された技術を全部ぶち込んで量産できるように設計しなおした感じ。
  • 先代モデルに加え電子制御スロットルが搭載されたため、シフトダウン時のオートブリッピング、オプションのクルーズコントロールが設定可能となった。2016年モデルではABS Proも標準で搭載されており、とりあえず今考えられる電子制御系は全部入れてしまったような形。
  • そろそろメーターがフルカラー液晶になってもいいような装備なのに、BMWはセグメント式液晶で押してくる。特にS1000RRはデザイン云々ではなく、とにかく必要情報を表示できるようにした、という感じ。次期モデルあたりでこの辺は変わるかも。
  • HP4のアクラよりこの純正マフラーの方が明らかに音がでかい。ニュートラルで3000rpmまでしか回転が上がらないのもこの辺の絡みだと思われる。
  • レバーとステップはHPパーツに交換済み。カウルの黒系部分も、後々カーボンにするかもしれない。
  • 現時点での電子装備をやり切った感が良い。また、日本限定で発売されたこのカラー、良い。正面顔も先代よりハンサムになった。かっこよい。

BMW HP4 (2013)

  • BMW HP4 Competitionパッケージ
  • 最高出力: 115kW[156PS]/10,000rpm (国内仕様)
  • 最大トルク: 110Nm[11.2kgf·m]/10,000rpm (国内仕様)
  • 乾燥重量: 169kg
  • 車両重量: 199kg
  • BMWが気まぐれに出すハイパフォーマンスモデル。S1000RRをベースに色々なパーツとDDCが装着され、噂によるとエンジンも味付けが少し違う?
  • 近頃は当たり前になってきた電子装備も、ここまで付いているものはこの時期ではまだ少なかった。DDC=電子制御サス、前後連動ブレーキ+ABS、トラクションコントロール、ローンチコントロールなんかが付いている。ついでにグリップヒーターもついている。
  • HPモデルは高い印象があるが、実はS1000RRにこれだけパーツ付けた方が相当高い。カーボンパーツ、バックステップ、フルエキ、モノブロックキャリパー、鍛造アルミホイールと、追加の電子装備抜いてもお得、という値段設定だった。カーボンパーツは少しだけ後からも追加した。
  • これもまたピーキーでもなんでもなく、非常に乗りやすい。CBRよりも乗りやすく疲れないくらい。とはいってもSSなのでツアラー等と比べてしまえばポジションの問題はある。
  • サーキットを走ってみると、明らかに200km/hで走るように作られているバイクなんだなぁと実感する。それでいて公道をのんびり走ってもスムーズなのだからさらに感心する。
  • コーディングプラグを使っていたため、サーキットでは上記よりもパワーが出ていたようだ。
  • 2015年頃に後付けでABS Proが付くようになったが、追加パーツは必要なく、コードを読み込ませるだけとのこと。電子装備も進んだものだ。
  • とにかく全体のデザインと配色が良い。

HONDA CBR1000RR (2010) ED逆輸入

  •  ホンダ EBL-SC59 (C-ABSなし)
  • 最高出力: 131kW[178PS]/12,000rpm
  • 最大トルク: 112Nm[11.4kgf·m]/8,5000rpm
  • 乾燥重量: 171kg
  • 車両重量: 199kg
  • 2度目のモデルチェンジが行われたCBR1000RR。ギュッっとした印象。マフラーはダウンショートに、メーターは台形からコンパクトに、ウインカーはミラー一体型に、レンズはクリアに。
  • 全体的な印象の変更とともに、一番の目玉はコンバインドABSの搭載なのだけれど、私はついてない方を買った。理由は、バックステップが付かないから。当時はSSにABSが付くのは全くもって当たり前ではなかった。
  • やたら乗りやすい印象がさらにアップ。跨るとコンパクトに感じるし、車両重量も200kgを切ってしまった。思い切ってED仕様を購入したが、馬力ありすぎて使い辛い、などということは全くなく。
  • バックステップのみTSRに交換したが、写真は交換前のもの。
  • ギュッと感、そして黒銀金の色合いが良い。

HONDA CBR1000RR (2006) 国内仕様

  • ホンダ BC-SC57
  • 最高出力: 69kW[94PS]/10,000rpm (国内仕様)
  • 最大トルク: 86Nm[8.8kgf·m]/6,000rpm (国内仕様)
  • 乾燥重量: 177kg
  • 車両重量: 206kg
  • CBRが1000ccになってからモデルチェンジを1度受けたモデル。
  • 当時のホンダがレーサーに導入していた技術である、ユニットプロリンクサスやHESDを装備し、マフラーがセンターアップとなっているのが特徴。
  • コレ!という特徴があるわけではないけれど、素直によく走る、リッターSSとしては乗りやすいバイク。以後、そういう乗り味のバイクを乗り継いでいくことになる。
  • マフラーとバックステップをTSRのモノに交換、フルパワー化はせず。
  • 横顔が良い。