あるセカイ (記述中)

明確に観測されていない事象は、存在していない、という事を前提として。

2017年に生きるヒトとしては、このセカイは主観でしか知覚することが出来ない。セカイは各個の主観から認識されているだけであり、客観、第三者視点、主観ではないセカイというものは、実のところ未だ誰も観測出来ていない仮定、でしかない。

これは、ヒトが他人のセカイを主観的に観測、体験することが出来ない以上、当然の事ではある。だが、普段生活する中では意識されない。

ヒトは高度に発達した知能によって、他人のセカイ、客観的なセカイを想像できるようになった。他人が同じ規格のヒトであり、同じような機能を持つのなら、セカイはこう見えるであろう、と仮定を持つことが出来るよう発達した。実際には主観の認識しか無くとも、セカイはこうありそうだ、と予想が出来る。教育の上でも、このセカイは主観的な認識だけのもので、他人と共有されているかどうかは未確認だ、などという説明がされる事は、まず無い。

それでもやはり、ヒトがヒトの一個体である以上、仮定される客観のセカイは主観の中からの「創造」であり、実在するかどうかの観測は出来ない。これは近々に革新のありそうな話でもなく、所謂当然の話、である。

ここで話は少しかわる。

セカイが主観でしか認識出来ないのならば、その主観が失われた際、そのセカイはどうなるのか?

消える。

また、ヒトは脳の記憶によって過去の事実、想像の世界を保持しているが、「現在」というモノは一瞬毎、常に過去の記憶に変化していく。「現在」のセカイというものは過去の記憶の積み重ねであり、実体が無いと考えることもできる。

だが、記憶は今のところ、バックアップや共有、複製できる仕組みがないため、本人しか保持する手段を持たない。外部の媒体によって記録する事は出来るが、あくまで補助的であり、記憶は本人だけのものだ。

ではそれが失われた場合は?

やはり、消える。跡形もなく。

つまり、ヒトが死んだらどうなるかという話、セカイが消えるのである、主観的には。

そしてセカイは主観的にしか認識出来ず、記憶も本人にしか保持できない。

よってセカイは、死んだ瞬間に「無かった」ことになる。「始まっていなかった」のと同等になるのだ、主観的には。

主観的には、というところがポイントであり、今現在ヒトは主観以外の視点を持ちようが無いという所に結びつく。別にセカイがいちいち始まっては終わっている訳でも無いとは思うが、主観的にはそれと同等だ。

極論を言えば、ヒトが死んだ後のことはその本人にとっては関係なく、死んだ瞬間にセカイが終局を迎えようが、偉大な功績を残して未来永劫称えられようが、何も変わらない。認識外の、本人にとってはセカイがなかった事になった、セカイですらない場での「何か」でしかない。

ではヒトは生き死にをどう考えれば良いか、などといった事には触れる気は無い。自由に考えれば良い。その主観的セカイはあなただけのものだ。

で。

この先、近いうちに少し面白いことが起こるかもしれない。ヒトは主観でしかセカイを認識出来ないという前提が、人工知能の発達によって変わるかもしれない。

人間の脳の動きを完全に掌握するには、技術的に相当の年月がかかるだろう。しかし、人工知能は電子的に完全に観測できる。観測できるものが意識を持ち、主観的にセカイを認識するようになった場合、

ヒトは初めて「客観的なセカイ」の観測に成功するかもしれない。

と、ど素人ながらにつらつらと書いてみたが、まとまりがつかないので、2017/03/13時点ではここで一旦区切っておこうと思う。ちょこちょこと無駄な更新をするかもしれない。

絵師100人展 06 参加絵師サイン会

2016年 絵師100人展 06 参加絵師サイン会にて

  • 最近は毎年恒例のように行われている絵師100人展。ここでは抽選で参加絵師さんのサイン会が行われている。
  • この抽選は当たったことはなかったが、今回、いつものように図録を買って、美樹本さんの抽選券をもらってみたところ、当選。参加となった。
  • このイベントはゴールデンウィークに合わせて開催されており、地方から出てくる方も多いと思われるが、会場で作品を見て、物販で抽選券を貰って、抽選結果を確認して、サイン会に参加して、となると時間によっては秋葉原にずっと居るなり何度も行くなりする必要があり、他に予定があると参加自体が中々難しいのかもなぁ、などと思ったり。
  • 美樹本さんがデザインされたモノというのはかなり昔から見ていたと思うが、美樹本さんの作品自体を意識し始めたのはマクロス7くらいからだろうか。東京に出て来なければこういう機会に触れることさえなかっただろうなぁと思うと、中々感慨深い。
  • 最近の作品では、ちょうど甲鉄城のカバネリで美樹本さんのデザインに可能な限り寄せた作画というものを見て、改めて美樹本さんのヤバさを痛感した。

「マルドゥック・アノニマス1」発売記念 トーク&サイン会

2016年 「マルドゥック・アノニマス1」発売記念冲方丁先生&寺田克也先生トーク&サイン会にて

  • 冲方さんの「マルドゥック・アノニマス1」の発売を記念して、アニメイト池袋本店では、冲方さんと寺田さんによるトーク、サイン会が実施された。
  • アニメイト秋葉原でも先着でサイン会参加券が配布されたため、そこで「マルドゥック・アノニマス1」を買って参加。
  • まぁお二人の話は面白いこと。スクランブルの1巻からの付き合いだそうで、なかなか出版できなかった作品にいきなり寺田さんの表紙、挿絵が入るという話になって、冲方さんもかなり驚いたらしい。あとは寺田さんの「あんまり考えてないですよ」という中にもレイアウトの拘りが勿論あったり、冲方さんはいつもブラックジャックの時のように吐きながら書いているわけではなかったり、どのキャラが好きかという話で盛り上がったり。
  • 今回のトークの中ではアノニマスの表紙を実はiPad Proで描いたという衝撃的な話があり、寺田さんがYouTubeに制作動画まで上げてくれているので、(そんな長くないし)是非見てみてほしい。

YouTube 「Mardock anonymous1 cover」

  • あと冲方さんは花粉症らしい。
  • また、画像で下に並んでいるシリーズ作品だが、実は全てサインが入っている。都度サイン会に行ったというわけではなくて書店でたまたまタイミングよく並んでいたものだが、日頃からサイン本に着目していると、運よくこんなに揃ったりもする。

村田蓮爾×Third Echoes×mebae ライブドローイング・トークショー

2015年 村田蓮爾×Third Echoes×mebae ライブドローイング・トークショーにて

  • ワニマガジンのフルカラー作品集「MITSUBOSHI★★★」の刊行を記念して、space caimanにて展示、先行販売が行われた。それに併せて参加作家である村田蓮爾さん、Third Echoesさん、mebaeさんによるライブドローイングとトークショーが開催された。
  • 今回は、以前にギャラリーを訪れた際に記帳したメールアドレス宛に開催の案内が届き、それを基にWebで抽選予約を申し込み。当選となった。
  • 当日は7月下旬の夕方ということもあり、そこそこ暑さのある中ギャラリーへ。涼しい会場と氷入りのドリンクがありがたい。
  • 会場内はそこまで広くないギャラリーを一杯に使って並べられた椅子に、観覧者がずらりと並んでいる。作家さんはその対面に、4人並んでお絵描きとなる。村田さん、Third Echoesさんはアナログ、mebaeさんは液タブで、カメラで映された手元が横手のスクリーンに投影される。
  • ここで4人目って?ということになるのだが、「Third Echoes」というのは、よく聞くお名前でいうと、おぐちさんを含む3名のユニットとなり、そのうちお二方が参加されていた。
  • ここではMITSUBOSHI★★★の制作に関する話や質疑への応答をしながらライブドローイングを進めて行くのだが、まぁ流石としか言いようがないくらいするすると、短時間で作品が出来上がっていく。テーマである「女の子とアーミー」については事前に話はしていたのかもしれないが、それにしてもだ。まぁ、端的に言ってすごい。
  • そうして出来上がったのが添付画像の作品になる。村田さんの謎の手慣らしは別に会場のひとがリクエストしたわけではない。
  • さらに、今回はお土産ということでこれらを参加人数分出力した上で直筆のサインを入れて頂いた。プリントアウト、サインの枚数が多いことから小さな壇上で紙を乾かしながら進めて行く様は、懐かしい版画の年賀状を思わせる作業風景。ドタバタとしながらお土産が出来上がっていく。
  • ここで判明したのは、Third Echoesのお二方はThird Echoesとしてサインをしたことがないらしく、二人でどう書くか考えておらず、スペルもよく分からないという状況だった。まぁこれもご愛敬、できたばっかりのユニットですから。
  • 頂いたお土産を開けてみると、先ほどのイラスト以外にも色校が。太っ腹ですね。
  • ということで、我が家の宝物がまた増えるわけですが、space caimanさんはちょくちょくこういった作家さんとファンの方が交われるようなイベントをされているので、興味があればチェックしていると良いかも。

RWBY OFFICIAL JAPANESE FAN MEETING 合同サイン会

2016年 「RWBY OFFICIAL JAPANESE FAN MEETING」の合同サイン会にて

  • 「RWBY VOLUME1 OFFICIAL JAPANESE FAN BOOK」の発売を記念して、ワニマガジンがプロデュースするギャラリー「space caiman」では、「RWBY OFFICIAL JAPANESE FAN MEETING」と題した、原画や設定資料、原稿等の展示会が行われた。
  • 併せて実施されたFAN BOOKへの参加作家さんによる合同サイン会がこちら。
  • WebのニュースやTwitter等で本会の実施が伝えられていたのを見かけ、展示会特設ページから抽選予約を申し込み。案外あっさりと当選の通知が届く。
  • サインはグッズセットを購入必須の上で、グッズセットに含まれるFAN BOOKか特製シートに書き入れてもらえる、とのことだが、既にFAN BOOKを購入済みの場合は持ち込んだものにも書いて貰えるとのこと。C87で頒布された初版ではないものの、FAN BOOKは既に購入していたため、そちらを持って行った。
  • 会場となったspace caimanには何度か足を運んでいたので、それ程広いという会場ではないのは分かっていたが、たくさんの作家さんにどうやってサイン頂けるのだろう?と思いつつ会場へ。
  • 会場では流石に展示との併設はできず、純粋なサイン会となっていたのだが、並びがユニーク。各作家さんは机を並べてさぁ来いと待ち構えているのだけれど、それが壁際にグルリと並べられていて、何かもう小規模な即売会で壁サークルさんに片っ端からサイン貰っているような感じになっていて。メンツが凄いのでありがたみしかないのだけど、なんか、こう、ライン作業的なアレを感じるのだった。
  • 今回サイン会に参加されていた作家さんは、村田蓮爾さん、TNSKさん、Nidy-2D-さん、安倍吉俊さん、またよしさん、shihouさん、okamaさん、ウエダハジメさん。
  • okamaさんはマスクの上、風邪で声が出ないとのことでちょっと辛そうな感じだった
  • そんなわけでまた家宝が増えたのでした。

 

  • RWBY。
    簡単に言うと、SFスクールガールアクションのアメリカ発Webアニメ。これを書いている時点では日本語版がvol.2まで発売、vol.3の発売を控えている段階なのだが、面白いしカッコいいし可愛いので、機会があれば見て損はない。
  • 私自身は日本語版が出てから見始めたニワカのようなナニカなのだが、Rooster Teeth Productionによる原語での配信はすでに第四期となっている。こちらを見ている人の感想、盛り上がりを見るに、英語だろうとその面白さに変わりはないようだ。Chibiというデフォルメシリーズもまだ原語での配信しか行われていない。
  • といっても、日本語スタッフの配役も絶妙なので、私はそちらにイカれてしまったのだが。
  • あー。そのうち本家の配信も手を出そうかなぁ。

東京モーターショー2015ニュース アンケート抽プレQUOカード

2015年 東京モーターショー2015ニュースのアンケートにて当選

  • モーターショーは毎回楽しみにしているため、メールのアンケートにもキッチリ回答していたら、当選。
  • 会場でもアンケートは行われていたが、そちらではなくWebのアンケートの方。会場のアンケートも答えたが、そちらは確かミニメモ帳が貰えた。
  • モーターショーのイメージ画像は毎回デザインが面白いので結構好き。今回の光のクルマも、単純なグラフィックだけでなく、確か実際のカメラとライトを使ったアートも制作されていたよう。
  • 誰でも使いやすいQUOカードなので、使ってしまうのもアリとは思うけれど、こんなページに蒐集物を載せてるくらいなので、勿体なくて使えない。

BMW S1000RR (2016)

 

  • BMW S1000RR セレブレーション・エディション
  • 最高出力: 146kW[199PS]/13,500rpm
  • 最大トルク: 113Nm[11.5kgf·m]/10,500rpm
  • 乾燥重量: 175.5kg
  • 車両重量: 204kg
  • S1000RRの二代目にあたるモデル。HP4で先行投入された技術を全部ぶち込んで量産できるように設計しなおした感じ。
  • 先代モデルに加え電子制御スロットルが搭載されたため、シフトダウン時のオートブリッピング、オプションのクルーズコントロールが設定可能となった。2016年モデルではABS Proも標準で搭載されており、とりあえず今考えられる電子制御系は全部入れてしまったような形。
  • そろそろメーターがフルカラー液晶になってもいいような装備なのに、BMWはセグメント式液晶で押してくる。特にS1000RRはデザイン云々ではなく、とにかく必要情報を表示できるようにした、という感じ。次期モデルあたりでこの辺は変わるかも。
  • HP4のアクラよりこの純正マフラーの方が明らかに音がでかい。ニュートラルで3000rpmまでしか回転が上がらないのもこの辺の絡みだと思われる。
  • レバーとステップはHPパーツに交換済み。カウルの黒系部分も、後々カーボンにするかもしれない。
  • 現時点での電子装備をやり切った感が良い。また、日本限定で発売されたこのカラー、良い。正面顔も先代よりハンサムになった。かっこよい。

BMW HP4 (2013)

  • BMW HP4 Competitionパッケージ
  • 最高出力: 115kW[156PS]/10,000rpm (国内仕様)
  • 最大トルク: 110Nm[11.2kgf·m]/10,000rpm (国内仕様)
  • 乾燥重量: 169kg
  • 車両重量: 199kg
  • BMWが気まぐれに出すハイパフォーマンスモデル。S1000RRをベースに色々なパーツとDDCが装着され、噂によるとエンジンも味付けが少し違う?
  • 近頃は当たり前になってきた電子装備も、ここまで付いているものはこの時期ではまだ少なかった。DDC=電子制御サス、前後連動ブレーキ+ABS、トラクションコントロール、ローンチコントロールなんかが付いている。ついでにグリップヒーターもついている。
  • HPモデルは高い印象があるが、実はS1000RRにこれだけパーツ付けた方が相当高い。カーボンパーツ、バックステップ、フルエキ、モノブロックキャリパー、鍛造アルミホイールと、追加の電子装備抜いてもお得、という値段設定だった。カーボンパーツは少しだけ後からも追加した。
  • これもまたピーキーでもなんでもなく、非常に乗りやすい。CBRよりも乗りやすく疲れないくらい。とはいってもSSなのでツアラー等と比べてしまえばポジションの問題はある。
  • サーキットを走ってみると、明らかに200km/hで走るように作られているバイクなんだなぁと実感する。それでいて公道をのんびり走ってもスムーズなのだからさらに感心する。
  • コーディングプラグを使っていたため、サーキットでは上記よりもパワーが出ていたようだ。
  • 2015年頃に後付けでABS Proが付くようになったが、追加パーツは必要なく、コードを読み込ませるだけとのこと。電子装備も進んだものだ。
  • とにかく全体のデザインと配色が良い。

HONDA CBR1000RR (2010) ED逆輸入

  •  ホンダ EBL-SC59 (C-ABSなし)
  • 最高出力: 131kW[178PS]/12,000rpm
  • 最大トルク: 112Nm[11.4kgf·m]/8,5000rpm
  • 乾燥重量: 171kg
  • 車両重量: 199kg
  • 2度目のモデルチェンジが行われたCBR1000RR。ギュッっとした印象。マフラーはダウンショートに、メーターは台形からコンパクトに、ウインカーはミラー一体型に、レンズはクリアに。
  • 全体的な印象の変更とともに、一番の目玉はコンバインドABSの搭載なのだけれど、私はついてない方を買った。理由は、バックステップが付かないから。当時はSSにABSが付くのは全くもって当たり前ではなかった。
  • やたら乗りやすい印象がさらにアップ。跨るとコンパクトに感じるし、車両重量も200kgを切ってしまった。思い切ってED仕様を購入したが、馬力ありすぎて使い辛い、などということは全くなく。
  • バックステップのみTSRに交換したが、写真は交換前のもの。
  • ギュッと感、そして黒銀金の色合いが良い。

HONDA CBR1000RR (2006) 国内仕様

  • ホンダ BC-SC57
  • 最高出力: 69kW[94PS]/10,000rpm (国内仕様)
  • 最大トルク: 86Nm[8.8kgf·m]/6,000rpm (国内仕様)
  • 乾燥重量: 177kg
  • 車両重量: 206kg
  • CBRが1000ccになってからモデルチェンジを1度受けたモデル。
  • 当時のホンダがレーサーに導入していた技術である、ユニットプロリンクサスやHESDを装備し、マフラーがセンターアップとなっているのが特徴。
  • コレ!という特徴があるわけではないけれど、素直によく走る、リッターSSとしては乗りやすいバイク。以後、そういう乗り味のバイクを乗り継いでいくことになる。
  • マフラーとバックステップをTSRのモノに交換、フルパワー化はせず。
  • 横顔が良い。